HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
雑感
2009-06-13 Sat 09:44
17日オージー戦ですが、ここまでの試合を見てきてふと思う。


いつから、パス回しだけのサッカーに戻ってしまったのだろうか・・・


なんか仕掛ける選手もいないし、SBのオーバーラップの以前ほどみないし
(闘莉王がよくあがるからかもしれんが)
裏へのスルーパスなんかも見なくなったな・・・

オシムの時代の試合を思い浮かべると

アジアカップでは中盤で溜めを作ってSBがあがる作戦だったなぁ・・・
遠藤トップ下で、中央から攻めないのがあれだったけど
今にして思うと、チーム創りの過程でそうだったのかもしんない
(特にG大阪での遠藤の攻撃を見てると、オシムに会ってから劇的に変わった気がする)

3大陸トーナメントでは、松井がよく仕掛けていたし
前半スイスに押されていた時間帯には、松井や俊輔が相手の裏に
よく飛び出してボールをもらってました(スイスのDFがよくあがってたからね)

親善試合のエジプト戦では3トップが躍動感ある動きを見せてました。


こんなオシムの時代ですら、パス主体云々って論調がありました。


んでもって岡田監督

3次予選のバーレーン戦で3-5-2で挑んで
ロングパスだけの単調な試合に(3-5-2が悪いわけではないです)

昨年のキリンカップ
巻の1トップでいった試合で、巻が相手DFを2~3人ひきつけてスペース作ってるのに
中盤の選手は誰も、そこのスペースをつく飛び出しがなかった・・・
みんな前線に出ず、中盤でパス出そうとしてるし・・・
巻が作ったスペースに飛び込んだのはDFの闘莉王だった・・・


気のせいかもしれんが、松井とか仕掛ける選手
巻のような前線でスペースを作る選手
こういう選手は使われなくなったような感じがする。


変わりに無難なパス回しが多くなった気が・・・
それを相手に研究されてるんでしょうね~
前線のリスクが少ないので、DMFの位置くらいでプレスかけてきてる
(ウズベクもカタールも)
(建前でも)中盤が売りなのに、そこで狙われてるのはダメでしょ


こんなんでオージー戦
そして来年のWカップ大丈夫なんだろうかllllll(-_-;)llllll


とはいえ、岡田監督はよくやったと思います。
本人はベスト4を掲げてますが
自分としてはWカップ出場が目標の上限だと思ってますので
予選2試合残しての突破を決めたことは十分評価したいです。
(下位3国が想像以上にヘタレだったこともありますが)


来年に向けて、どうするのがいいんですかね~
話が纏まらなくなったので、この辺で・・・アデュ!!
スポンサーサイト

別窓 | スポーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<まー娘カップ3 | サカつく徒然日記 | 好きなTVアニメ20>>
この記事のコメント
#689
ご指摘ありがとうございます。
17日アップの予定で記事書いてたから間違えました(^^ゞ
(気が向いたので先にアップしたもんで)

>個で打開を見出すのではなく全員で攻守を繰り返すサッカーをやってるみたいです。

守はそうだと思いますが、攻はどうかなって思ってます。
結局は個人頼みになってるよーな

オシムの時代は、攻の約束事が結構決まっていて
(アジアカップが特にそうでした)
その中で個人技を活かす感じ

アジアカップではDFラインからゆっくり
ビルドアップしてSBがあがる時間を稼ぐ

三大陸トーナメントの頃は、巻とかがスペースを作って
スペースで松井とか中盤の選手が勝負を仕掛ける

オシムが最終形をどのようなものを見据えてたか
今となってはですが、なんらかの形は見せてたと思います。


で、岡田監督の試合

オシム時代にあった、攻の形、、、約束事が見えないんですよ
結果論なんかもしれませんが、得点シーンは
セットプレイと個のセンス頼りな印象があります。

バーレーン戦の中村(憲)のミドル
ウズベク戦の岡崎のゴール

この2つが、そういう印象の強いシーンでした。


いや、、、そういうサッカーが悪いとは思わないし
本文で書いたように岡田監督はWカップ出場が目標だと思ってるので
充分評価してますが、4強を目標に掲げてるからね~

そうすると、攻の形ってのをはっきり彩るのは重要なことだと思います。

 ユーロ優勝のスペイン
  華麗なパスワークと強力2トップ
 その前のユーロ優勝のギリシャ
  カウンターとセットプレイに特化
 2002Wカップのブラジル
  3Rに攻撃を任せる

タイプはそれぞれですが、上位にくるチームって
こういう攻のカラーがしっかりでてると思います。
全員攻撃って聞こえはいいけど、こういうカラー(約束事)を
埋めさせてる印象になってますね。

別に監督変えるのが良作とは思いませんが
この辺、もうちょっと色を出す、、、てか
ひきだしから出して欲しいとは思います。
2009-06-15 Mon 00:31 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更] | top↑
#688
多分気づいてると思いますが豪州戦は17日ですよ!

岡田監督の采配に関しては戦術素人なのでよく分かりませんが、よく言われているのは前線の選手が激しく入れ替わるサッカー、ボールが相手に渡ったらFWも激しくプレスしてボールを奪うサッカーですよね。
確かに中盤の選手は殆どパサータイプでゴール前に飛び出したり、ドリブルで局面を打開できる選手がいませんね。
つまり岡田監督は個で打開を見出すのではなく全員で攻守を繰り返すサッカーをやってるみたいです。
それがいいのか悪いのか分かりませんが・・・
岡ちゃんは今回オシムが倒れての緊急登板なわけで(前回も急だったけど)それを引き受けて結果もしっかり出してる
こうなったら岡田監督のやりたいサッカーを最後まで見守りたいと自分は思ってます。
2009-06-14 Sun 12:44 | URL | mugi321 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。