HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
熱が醒めて・・・
2010-07-28 Wed 13:40
ちょっと前の話ではあるんだけど、巻の移籍ニュースから



http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20100719-655325.html


 J2千葉FW巻誠一郎(29)が、クラブから戦力外通告を受けていたことが18日、分かった。複数年契約の切れる来季以降は契約する意思がないことを、6月の時点で伝えられていた。その後「オシム人脈」で、ロシア1部のアムカル・ペルミから獲得オファーが届いていた。千葉はこの日、完全移籍でクラブ間が合意に達したことを明かした。ただ、千葉で選手生命を全うしたいと願っていた巻にとっては、あまりにも悲しい移籍決定劇だった。

 残留要請ではなく、戦力外通告を突きつけられていた。6月に巻はクラブ幹部から「契約を延長するつもりはない」と告げられた。神戸テクニカル・ダイレクターは18日の札幌戦直前に「(来季契約の)結論は出していなかった」と言葉を濁した。だが一方で「出場機会も少ない。また高い給料でベンチにいるのは居心地が悪いはず」と、戦力外と見ていたことは認めた。

 今季の巻は13試合出場無得点と本領発揮できていない。だがW杯代表メンバー選考に残っていたFWにとって、寝耳に水の通告だった。その直後、アムカル・ペルミから完全移籍のオファーが届いた。同ダイレクターは「本人の意思を尊重し移籍を後押しした」と説明したが、実際巻には選択肢は残っていなかった。

 「生涯千葉」と誓う巻にとって、悲しすぎる決断だ。06年末には当時の日本代表5人が移籍するチームの危機にあって、自らも大宮などからオファーを受けながらも残留を決意。契約交渉では「自分の給料を削っていいから、練習環境をよくしてほしい」と言い、その後もドイツのクラブなどからオファーを受けても、残留を選んできた。

 しかし深い千葉愛は、クラブに届かなかった。むしろ「言いたいことを言う」「発言に対するサポーターの反響が大きすぎる」と疎まれる節すらあった。前セルティックMF水野にオファーを出さなかったのと同様「オシム色」を弱めたいクラブの方針も影響した。札幌戦の直前には、練習参加すら禁じられた。それでも巻は「クラブから話をしないように言われています」と律義に無言を貫いた。
 日刊スポーツより一部抜粋



この記事は新聞で読んだんだけど、今日の新聞にも、関連記事(記者会見)が載っていて
巻はクラブ愛を訴えてたけど、社長は冷たくあしらってたみたいな・・・


ひでぇ話だなと思うよ(-_-;)


スポーツの世界は厳しいから、クラブ愛あっても放出しなきゃいけないこともあると思うけど
放出するなら、やり方とか態度ってもんがあると思う。
前のフロントもひどかったけど、今のフロントもグダグダなんだなぁとしか思えなかったです。

はっきり言って、JEF熱。。。つぅかサッカー熱醒めてきちゃったなぁ~

他の競技もそうだけど、フロントが(ファン目線から見て)足ひっぱてるなぁと思うことが多くなりました。
(全体で言えば以前からあったことなんだろうけど、単に今まで報道されなかっただけかもしれんが)
残念な話だと思います。


巻にはロシアでがんばってほしいなと思います。
スポンサーサイト

別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ぷちオフ | サカつく徒然日記 | ワ・ピース>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。