HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
雑談 その129
2013-05-24 Fri 14:55
ネットでこんな記事見ました。

 競馬の的中馬券の配当金への課税で、外れ馬券購入費が必要経費と認められるかが争点となった刑事裁判。23日の大阪地裁判決は、約3年間で、28億7千万円分の馬券を購入し、払戻金30億1千万円を得ていた元会社員の購入方法があまりに高度かつ特殊だったため“特例”として、外れ馬券購入費の必要経費参入を認める判断が示された。

 一見、競馬ファンが沸き上がりそうな司法判断。だが、被告弁護人の中村和洋弁護士は判決を高評価しつつ「この判決でただちに、一般の競馬ファンの外れ馬券代が必要経費になるものではない」と指摘した。

 大阪国税局に、現状の見解や具体的な課税ケースを聞いた。

 ‐一般的な会社員に確定申告の義務が発生するのは?

 「会社からの給与以外に年間で20万円を超える収入がある場合です」

 ‐競馬収入の場合は90万円を超える額、となるようだが。

 「一時所得である競馬配当金の場合は、税法に沿った計算式で『(競馬での収入-特別控除額50万円)÷2』の額が20万円を超えた場合に確定申告の義務が発生。逆算すると競馬収入が90万円を超える額となります」

 ‐90万円は競馬収支の黒字という意味か。

 「1年間の当たり馬券配当の総額から、当たり馬券の購入費用の総額を引いた額です。仮に1年間に購入した馬券が1レースの1点買いだけで、100万円で購入して200万円の配当があった。これは100万円のプラスで、90万円を超えているので確定申告の義務があります」

 ‐1年間を1レースに置き換えて聞く。馬番連勝(1)‐(2)(3)(4)(5)の4点を各100万円、合計400万円で購入。(1)‐(2)が的中して200万円の配当があった。この場合は、収支はマイナス200万円だが?

 「(1)‐(2)の配当金200万円から(1)‐(2)の購入費用100万円だけを引いて、100万円の収入とみなされます」

 ‐外れた(1)‐(3)(4)(5)の購入費用である計300万円は?

 「必要経費とはみなされません」

 ‐現実的には、1点あたりの購入額は百円~1万円程度が一般的。ただし、毎週末に競馬を楽しんでいれば、年間収支がマイナスでも、当たり馬券だけの年間90万円は現実的なラインだ。

 「少額で大量に買った場合も、考え方は、先ほどと同じです」

 1年間の競馬収支が大赤字でも納税義務が発生するケースがあるとの国税当局の見解が世間を驚かせた今回の刑事裁判。結局、一般的な競馬ファンの“救済”までは至らなかった。

 中村弁護士は個人的見解として「競馬の配当金を非課税にするなど、誰もがすっきりできるシステム作りが必要では。今回判決がその一歩になれば」と話した。

デイリースポーツ 5月24日(金)0時25分配信 より


このニュース見て、なんだこれ(#`皿´)ってのが、正直な感想
経費として認める云々じゃなくて、収支として収入を見るのが普通なんじゃないの~

株や先物取引なんかの証券でも、年間トータルの数字で課税対象額決めるじゃん
赤字の取引あったら、その分はマイナス計上で、ちゃんと引かれる。
(株とかやってないから曖昧な記憶だけど、確か3年間の遡及期限があったと思う)
そうやって出た収支から、課税対象決めてくもんである。

仮に経費としてのことであった場合

普通の会社では、営業経費がかかる。
当たり前だけど、営業も百発百中なわけないもん
営業いったけど、仕事取れなかったとか、とったけど赤字だったなんてこともある。
勿論、それらはマイナス計上されて年間通じての収支で、
企業の法人税の額面ってのは決まってく
儲かった仕事分だけを対象に、課税対象額が決まるわけではないよね。


で、それを踏まえて大阪国税局の、この見解

黒字案件だけ抜き取って課税対象になるわけ???

例えば、馬単1-2・3・4・5・6・7・8・9・10・11を20万ずつ10点買いしたとする。
当るのは当然1つ(実は例外あるけど、まぁ話の主題ではないので、そのケースは省きます)
その配当が5倍だとして、払い戻しは100万
JRAに入れたお金は200万
つまり差し引き△100万・・・これで税金払うの??

ばかばかしくて競馬やってられないと思う(*´Д`)=3
こんな高額に張ることないし、こんな高額配当当ったことないんだけどねwww

一方1~12レースで1万ずつ1点買いして
全部80万の払い戻しだった人がいたとする。
この人は払い戻し960万でかかった費用は12万
差し引き948万・・・だけど、上記の理屈からだと課税対象にならない

△ 100万の人は課税対象で、+948万の人は課税の対象にならない
これは、どう説明するんだ???

そもそも、馬券(JRA)には25%の控除額が引かれてる。
(税金ではあるが、正確にはJRAの運用経費なんかも含まれてるから全部がってのは微妙)
だから、ガソリンの消費税なんかと同じ、二重課税みたいになるんだよね。

だからニュースの最後の方に書いてある通り、非課税にすべきだと思う。
こんな見解の通りで、高額配当取ったら、赤字でも税金納めないととか
払わなかったら脱税なんてことになるんだったら、皆、競馬から離れてくよ(*´Д`)=3
(競馬だけじゃなく、競輪、競艇も同じことだよね)

世界一の売り上げのあると言われるJRAも
景気の影響からか、年々減収の方向で、なんか打開しなきゃってとこなんだろうけど
この件をきっかけに、ネット購入からどんどん下落方向にしかいかないだろうね。
結果、税収そのものがトータルで減少するわけだwww

誰も得しない見解だと思うけどなぁ・・・国税局って・・・(*´Д`)=3
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ブーイング | サカつく徒然日記 | 今日の水温28℃>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。