HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ほんの些細なある日の出来事
2008-02-06 Wed 01:32
先日、満員電車に乗っていたときのこと
自分の前の人がDSのこのゲームをやっていました。

レイトン教授と悪魔の箱(特典無し)レイトン教授と悪魔の箱(特典無し)
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る


自分はこのゲームよく知らないのですが
その人がやっていたのは、なんか謎解きでした。


☐☐☐☐
☐☐☐☐
☐☐☐☐
☐☐☐☐


この4×4のマス目にチェスのクイーンを4個置くというもの
もちろん、ただ置くだけじゃなく(ただ置いたら謎解きじゃないですもんね)
とある条件つきです。

自分には解答がわかりましたが、プレイしている人はなかなか難しい様子
まぁこういうものって、「閃き」とか「気づき」ってやつがほとんどなんですけど
この「閃き」とか「気づき」ってやつは、ダメなときにはまったくもって
ダメなんですよね~

そのときにはまったくダメでも、時間と場所が変われば
ほんの一瞬で閃いたりとかね

で、その苦戦している人をみて、自分は心の中で思うわけです。

違う!そうじゃないよっ!とか

もう少しで解けるぞ!とかね

一度は正解の配置をしたのに、またクイーンを動かしたりしちゃって
外野のほうがやきもきしちゃいましたね。
ちょっと目についた些細な出来事でした。


このゲーム結構面白いかもしんないo/)



※このゲーム謎解きの解答があると、ぜんぜん面白くないんだろうなぁと思います。
 攻略サイトとか見たらつまらんものになりそうですね。
 そんな風に思ったので、これの問題のすべて並びに解答も載せないようにしました。


スポンサーサイト

別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<雑談 その52 | サカつく徒然日記 | パウエルの二重契約のニュースを見て思ったこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。