FC2ブログ
HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
クリアしてみての感想 後編
2008-03-21 Fri 01:49
昨日ガンダム愛を感じないって書きましたが、
部分的には丁寧に作っていて感心するところもあります。
オープニングは300曲くらいの候補の中から選定するという熱意を感じますし
「IGLOO」の造りは丁寧で好感がもてるくらいです。
(一方で他のシナリオとのギャップが激しく感じる原因ですけどね)

結局、それぞれの分業での熱意の差が現れて、統括するとこで
まとめきれていない結果、こうなったんじゃないかと思います。
スタッフの配置も微妙に変かな?
エンディング見るまで気づきませんでしたが、デバッグ担当って1人でしたね・・・

ありえなくねllllll(-_-;)llllll

実際に1人かどうか分かりませんが、この作業が1人だなんて・・・
このゲームにバグがあるのは、仕方ないことですね。
(バンダイナムコは認めてませんが)

ちょっと思うのがバンナムになってもナムコとバンダイと統合されてない感じがする
カルドセプト(自分は未プレイだけど噂がすごい)もそうだけど、
バンダイ側(ナムコ側は違いますね)のゲームってバグ多い感じがする。
この辺、サカつくと同じ匂いがしますね(笑)
他にもバンダイ側の姿勢に感じるところはあるのですが、それはまた別の機会にでも

なんとなくユーザーが望むものと製作サイドとでずれを感じますね。
以前やった「14の質問」みたいなことを、母体の大きいとこでやって
ユーザーの意見を製作側にぶつけることができれば結構変わるかもしれませんが
・・・いや・・・ムリか・・・

せっかくいいゲームなのにもったいない感じがしますね。
個人的な感想ですけど、Gジェネとかサカつくとか、この手の
大量のデータのゲームかつマニアックな購買層が中心のゲームは
今後廃れていくと思う。
実際「脳トレ」とかの誰でもできるゲームの方が間口が広い分
売れるのは確実です。
それに対してこの手のゲームは購買層が限られてる上、開発費(あと時間も)が
かかる一方なので企業としてのメリットは少ないと思うし・・・
できれば廃れる前に充実した1本をプレイしたかったですね。

もし次回作(あるとしたらUC以降か)あるとしたら、そんなゲームであることを
期待したいですね。

延々と続きましたけど、この辺で終わりにします。
それでは^^


機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】
(2000/12/21)
古谷徹、池田秀一 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト




別窓 | Gジェネ魂 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<HALの素人サッカーコラム その29 | サカつく徒然日記 | クリアしてみての感想 中編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/