HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
HALの素人サッカーコラム その14´
2008-07-16 Wed 01:01
えぇ~、今回記事を引っ張ってきてはじめて気づきましたが
その14は2つありましたね(滝汗)
ということでこれは14´ということでお送りします。



今回はアウェイでの食事のお話です。

アウェイのインド戦に対して、日本代表はコックをつれていかず
先方の食事を食するということになりました。
海外での厳しさを体験するという目的でもあるのでしょう。

以前のインドでのU-19(だったかな?)も同様のことを行った結果
数名が体調がすぐれないといった事態になったようです。

「郷に入れば郷にしたがえ」ではありませんが、
試合以外にも「交流」が大事ともいえるので
これはこれでいいのではと思います。
とはいえ、実際に何人か体調不良になってしまったことからも、
迎え入れる(この場合インド)方も気合入れてやって欲しいと思います。

・・・というかアジアの中で安心してこういうことを任せられるのは
日本・韓国・中国(香港含む)の東アジアくらいではないでしょうか?
実際、東南アジア、中東では現地の水を口にしてはいけないのは常識になっていますし
もしかしたら、敵国としての対応を受ける可能性もあります。
正直いってお任せにできるほど、しっかりしていないのが現状だと思います。

哀しいことですが、これがアジアの現状なんだなぁとも思います。

アジアだけでなく世界中でホスト国として安心して各国を迎え入れることが
できる国なんて限られています。
だからでしょうか、強豪国は大抵、自前のシェフをつれて食事を創らせていますね。
または現地のシェフにあれこれ注文をつけてくるのが普通です。

そんな中、2002年Wカップのときには例外ともいえる対応をしていた国がありました。


つづきはmoreをクリック





その国とはデンマークです。

2002Wカップの時、デンマークは和歌山に滞在していました。
当時の監督はオルセン。「試合も大事だが、和歌山との交流も大事にしたいと」
彼はこのようなことを言っていました。

そして食事に関していえば

デンマークが日本に来日し、和歌山に滞在した初日のこと
宿泊先のホテルの支配人と料理担当のコック長が監督の部屋へ挨拶に訪れ
「これからの数日よろしくお願いします」という言葉とともに
食事に対して色々あるであろう注文を聴きにいった。

ホテル側も選手たちには万全の状態で試合に臨んでほしかった
食事が口に合わない・・・それが原因ということだけは避けたかった
そう思ってのホテル側の対応に対し、オルセン監督は

「一切お任せします そちらが用意される料理を
我々はご馳走になります」


と応えたそうです。
念のため、支配人が改めて他国なんかは自国の料理を望んだりしてますといったら
「他国は他国、我々は我々です」との返事が・・・


なんてすばらしい人なんだヽ(´▽`)/~♪


このエピソードを聞いたとき、感動の一言でしたね。
(実はこの他にもトマソンと耳と口と不自由な少年の
 エピソードとか感動の話がいくつかあります)
逆に監督の方から、和歌山の美味しい食材はなんですか?と質問があり
時期的に鰹が美味しいと答えたところ、ぜひ鰹の美味しい料理をとまで言われたそうです。

こうまで言ってもらえて、ホテル側が応えないわけにはいきません。
コック長はじめ、腕を奮ってもてなしたそうです。
その結果、食事による体調不良とかのことはなく、デンマークは決勝T進出を果たしました♪

すばらしいエピソードなんですが、できることなら


2002Wカップのときに聞きたかった┏(; ̄▽ ̄)┛


この話を知ったのは1年ほどまえのこと
もっと前に知っていれば、デンマークを応援したのになぁと思います。
(あのころはイングランド応援してました・・・)

こういう交流が大事なんだなぁとつくづく思いましたね。
また、それに応えるべく迎え入れる方も全力をつくすことの必要性も大事なんだと思います。

みなさんはどう思いますか。それでは^^



                       ~旧サカつく徒然日記 2006.10.10、11掲載~

スポンサーサイト
別窓 | サカつく | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<最終年(5年目)のスタート | サカつく徒然日記 | HALの素人サッカーコラム その14>>
この記事のコメント
#378
>skyさん

トマソンの話はよくご存知でしたね。
トマソンは姉(だったと思う。親族の誰かです(^^ヾ)が
耳と口が不自由なため手話を覚えたそうです。
残念ながら日本とデンマークの手話は違うため、その少年と直接的に手話でやりとりは
できなかったようです(これを知ってトマソンは残念だとコメントしてます)
メディアの方もこういういい話を取り上げて欲しいと思います。


>トモさん

キャプテン翼は欧州でも人気あるみたいです。
ファンタジスタの集うサッカー漫画ってとこでしょうね。
セリエの選手だったと思うけど、日本のアニメでキャプテン翼が好きって
インタビューに応えていたと思いますから(ちょっと曖昧な記憶ですけど(^^ヾ)

スカイラブはジャンプで掲載されたころ、試してみた人多そうですけど
(オーバーヘッドやツインシュートと違ってなんかできそうですし)
三角跳びとかと同様にムリな挑戦でしたね(笑)
実際に、人が踏み台になってもあんなに跳べないって(汗)
あれだったらラグビーのラインアウト時のプレイみたいに、人が人を持ち上げる方が
現実的ですね(サッカーでは反則になるんだろうか?考えたことないです)

昨日のJリーグで前半戦折り返しましたが、JEFに横浜と
伝統あるチームが降格のピンチですね。


お二方ともコメントありがとうございました。
それでは^^
2008-07-17 Thu 08:48 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更] | top↑
#377
こんばんは。
デンマークの話ですが、いい話ですよね~。
感動しました。ネットで見ただけですがw
トマソンと耳の不自由な少年との会話が特に感動しましたね。
トマソンは手話が出来るそうです。2002年W杯の時にリアルタイムで、
この話題を聞きたかったですが、HALさんと同じく聞けなかったですね(涙)
あの時は、イングランドもそうですが、あの大会でアイルランドに惚れましたw
アイリッシュ魂とも言われてましたね。
サポーターも素晴らしかったですし、懐かしいです^^
2008-07-16 Wed 22:11 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更] | top↑
#376
たまたまここ2日、キャプテン翼のアニメ見たけど、立花兄弟のスカイラブハリケーンインパクトありますね、今までのサッカーアニメ、コミックの中でも最大のインパクトのある技ですね。

南海の、ゴールポストの上に上ってのDFもインパクトあった。

キャプテン翼、海外だとギャグアニメですかね?

結構、色々な必殺シュートあったキャプテン翼だけど、スカイラブハリケーンが最大のインパクト僕にとって。

そのうち、コミック大人買いしてみようキャプテン翼。まだ、新作になって連載してるのかな?

コミックの漫画家と翼の声優さん結婚したんですよね確か。
2008-07-16 Wed 19:19 | URL | トモ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。