HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
五輪サッカー第2戦
2008-08-11 Mon 10:33
今日は五輪2戦目の男女サッカーのことについて書いてみます。
一昨日のなでしこJAPANの試合は残り15分だけ見れました。
スコアの方は男子と同じ0-1の敗戦でしたが、清々しさで大きく勝ってましたね。

気温の違いとかあったのでしょうけど、足をとめずに頑張ってました。
ただでえさえ90分走るのが厳しい女子サッカーで、あの頑張りは賞賛に値します。
声も出てましたし、選手1人1人がなんとか同点にしようと
心意気を見せてくれたのは間違いないです。
采配のほうも80分にDF(池田)を下げてFW(荒川)を投入と
(リスクもあるが)点をとって同点にしようというのが見てとれました。

対するアメリカの方も格上の王者らしく、(男子と違って)遅延行為もなく
堂々とした戦いぶりでした。ハイライト見ただけなんですが、
あのミドルはすごいですね~ 
正直、感嘆の一言ですね。

男子の試合があれだっただけに清々しさが一層なのですが、課題もあります。

クロスは上がるけど、ゴールが決まらない。。。男子と同じ決定力不足って課題が1つ
男子よりもましだと思いますが、クロスがあがった時に
PA内に入ってる人数が少ないです。
試合を通じて見てないから分からないとこもありますが
2トップのうちの1人がサイドにいて、クロスをあげて中に1人ってシーンが
多かったみたいですね(と新聞に書いてありました)
もっとMFが飛び込む必要があるでしょうね。
MFがPA内に飛び込むということは、失点する確立が増えることになりますが
サッカーは得点してなんぼなので、この辺はリスクを承知でいって欲しいですね。

あと体格の問題なのかもしれませんが、ポストタイプの選手がいないです。
ポストタイプの選手でなくても、前線でボールが収まるポイントが欲しいです。
(トーレスやニステルローイみたいなFWやジダンのようなトップ下が理想)
FWでもトップ下でもボールが収まるポイントがあれば、
MFがPA内に飛び込みやすくなるし、パスで崩しながら押し上げてくのも
やりやすくなります。なにより走力が命の日本でそういうポイントがあれば
無駄な走りが減るので、終盤まで日本のよさを活かせると思います。
レベル感の違いは別にして、スペインのようなパスを繋いでゴールに迫り
そこに個人技がからんでいくというのが理想の形なんでしょうか(ちょっと自信ないけど)

もう1つはミドルシュート
女子サッカーの場合、GKの守備範囲が男子のそれよりも狭いので
弾丸ミドルでなくてもコーナーにいけば、可能性は結構あると思います。
ミドル自体、局面を変化させるのにいい武器であるのも大きいですね。
もっともこれは、口で言うのは簡単だけど・・・を地でいってます。
やっぱ難しいことなんでしょうね(^^ヾ

色々書きましたが、まだ2試合
次のノルウェー戦に勝てば(これが難しいけど、前にも勝ってるし、
相手もメンバー落としてくる可能性もあるので、チャンスあるかも?)
予選突破の可能性があるので、「なでしこ」のいい試合を見せてもらいたいです。
はっきり言って期待してます( ̄- ̄)v“

でも仕事で見れそうにないや・・・orz


つづきは男子の方の試合の感想でも



男子の方は1-2で負けて早々に予選敗退となってしまいまいした(>_<)
まぁ期待度からいってこんなもんかと思いますが、ため息の出る内容でしたね。

スタートは相変わらずの1トップ
個人的には1トップはやめて欲しいと思ってたので、最初からがっかりでした。
それでも李が頑張ってくれたおかげで、ボールがそれなりに収まってました。
その後が続かないので、あんまり変わりなかったですけど・・・
それにナイジェリアが抑えた立ち上がりにしたからでしょうか?
前半は日本もいい感じで攻めあがりました。

カウンター気味にいい感じで攻めてたんだけど、FWへのいいパスがなかったなぁ・・・
特に本田(圭)がボールを持ったときに李がいい位置にいたのだから
(成功するかは別にして)前線へパスを出してもらいたかったのに
結局そういうパスは出ず・・・本田(圭)から前線へのいいパスはほとんどなかったです。
かといって効果的なサイドチェンジとかもなく、時折、サイドを駆け上がる内田に
パスを出すくらい(2回ほどいい感じのパスありましたけどね)でした。
自分から仕掛けるでもなく、(ミドルは2本打ちましたけど)
勝とうという気概の見れない印象を受けました。

前半の攻めはそういう縦の中央突破ではなく主に左サイドの安田からのが
目についたでしょうか?安田→谷口といい感じの攻めが見れましたが
シュートは入りませんでしたね。
谷口は悪くはなかったと思うけど、ああやってFWのポジションに近くいるのなら
最初からFW(2トップ)でよかったんじゃないかなと思います。

香川もボール獲られるシーンが多かったです。
あまりよくなかったのですが、本田(圭)とかと違って自分で仕掛けて獲られるのだから
まだ潔いでしょうか?
でもミスが多かったから前半で変えてもよかったと思うんですけどね。
きっと勝利よりも経験を積ませようという監督の親心なんでしょうね。
(他の部分と合わせてもだけど、監督は勝利を諦めてるのかと思いましたから)

全体では中盤に不満の多い内容でしたが、細貝はよかった印象を受けました。
なんで米国戦に使わなかったんだ。。。と違う意味で不満が出てきましたね。

結局前半は0-0後半開始直後も失点はなく、アメリカ戦のような展開には
ならなくてよかったなぁと思いましたが、試合のペースはナイジェリアに
そして中盤でボールを奪われてからカウンター気味に攻められ、
中央突破からゴールを許してしまいました。

日本からしてみればミスからボールを奪われての失点だから痛いですね。
ミス云々というのはよくないし、そこが責められるのは仕方ないのでしょうが
個人的に、攻める意識の差を感じていました。
同じようなシーンは日本側にもありました(前半)が、前述しているように
FWにパスを出さなかった日本に対し、前にパスを出したナイジェリアとの差が
出た印象を受けました。
決して華麗なパスワークではなかったけど、攻守の切り替えが早く
前への意識が強く、パスを回すよりゴールを奪うプレーでした。
ジェットストリームアタックのように次から次へと人が来て
最後にシュートに持っていくのは意思疎通というか、こういう場面でそうしていこうと
事前のミーティングで話してたみたいですね。
個々の技術以外にもレベルの高さを感じてしまいます。

2点目も同様にボールを奪われてから、でもこれは攻めていった結果なので
しょうがないかな?

2点目を奪われる少し前から2トップにしました。
これはいいけど3人目の交代は梶山・・・個人的にちょっと疑問でしたがしょうがない
そんなこと思ってたら高い位置でボール奪ってから、豊田がゴール決めました。
2トップにしてたから、高い位置でボール奪ったときにゴールに対して
相手DFより人数のいる形になって、ゴールに繋がったと思います。
1トップのままだったらマークついていただろうから
得点になったか微妙だったかもしれません。
そう思うとなんで最初から2トップにしなかったのかなと思います。

結局そのまま得点をあげることなく1-2で敗戦してしまうのですが
ロスタイムになってパワープレイになってもDFのあがりはなかったし
中盤で横にパスしてたりと、なんだか点とらなければ終わりなんだという
悲壮感みたいなものは感じませんでした。
アメリカ戦でもそうでしたけど、鼓舞する選手もいなければ
負けたら終わりの危機感が薄かった(一部選手には気概を感じましたけど)印象を受けました。

敗戦という結果よりも中身に乏しかったので、最後のインタビューとか見ませんでした。
今朝ネットで監督や選手のコメント見てみましたけど、
なんか試合で見せた内容とえらく乖離した印象がするなぁ・・・
こう思うのは自分だけでしょうか?

もう1試合ありますが、そっちよりも「なでしこ」や「さくらJAPAN」見たいと
思うこのごろだったりします。
チームつくりから失敗した感がしますが、その辺のことはまた書きたいと思います。
でわまた~
スポンサーサイト
別窓 | スポーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<そして12月 その3 | サカつく徒然日記 | そして12月 その2>>
この記事のコメント
#399
skyさんコメントありがとうございます。

自分も見ていて不甲斐なさを感じましたね。
弱いのは前々から分かってたことなんでしょうけど・・・


>あと、思ったんですが流れを変えられる本職のドリブラーが必要でしたね。

これは仰るとおりだと思います。
家長や水野とか怪我でしょうがなかったのかもしれませんが
OAで松井呼ぶとか、その気になれば手はあったはずなんでね。
ドリブラーいなくても中盤からFWにパスが渡ればいいのですが
中盤から前にパスを出すシーンが少なく
横にパス出すシーンが多かったので尚更そう感じますね。


>この世代はニュースでも出てる通り、「谷底の世代」って言う言葉が
>残念ながらピッタリだと思います・・・。

まだ底はあるかもしれませんよ~
ただ確実に前の世代よりタレント面で劣りますね。
これから伸びそうな選手もいるでしょうから
将来的にはちょっと不明ですけど、アテネのチームより
個々の技術、監督の質etcで勝ってるようには思えないです。
でも、試合前後の発言なんかみてると
自覚がないというか、、、そういう選手いますね。
今までちやほやされて育ってきたのかな?と思っちゃいます。


>やはり日本人監督では限界なので、トルシエみたいに
>五輪とかフル代表を兼任してくれる監督が必要でしょうね。

兼任監督がいいかはどうかは別にして
監督は大きくマイナスだったと思うので
海外から監督招聘とかするべきでしたね。
協会も手ごろなところでお茶濁すみたいな感じで
本気でメダルを狙いにいくという姿勢が見れなかったので
(監督選考以外にも強化スケジュールやJクラブとの交渉にも表れてます)
その辺が残念ですよね。


>次戦のオランダ戦ではどういう戦いをするか注目ものですね。
>意地でも勝ってほしいと思いますが、今のままではあり得ないかもしれないですね。

気のせいかもしれないけど、五輪をアピールの場にして
ステップアップを狙う海外志向の選手が多い感じがしているので、
オランダ戦で勝利への執念みたいなものは
期待できなそうです・・・(>_<)
2008-08-12 Tue 10:31 | URL | HAL #ZUdxtCw.[ 内容変更] | top↑
#398
こんばんは。

男子の方は残念な結果になりましたね><
試合内容、監督の采配、コメントなどから見ても情けない戦いになってしまってとても
不甲斐ないです。一生懸命戦った選手もいるだろうけど、李のコメントにはちょっと他の選手との温度差を感じてしまいました。悔しさを前面に出していたのは豊田の方でしたが、これから伸びていってくれる事を期待したいですね。それより、反町監督のコメントにはもっとガッカリしました・・・。

ナイジェリア戦ですが、アメリカ戦と同じように谷口がよくFWの位置に飛び込んでいたのが目に付きましたね。仰るとおり、谷口が積極的にFWの位置にいくなら2トップにした方が良かったと思いますね。今更って感じですけど。オランダ戦も今までどおり、1トップで行くんだろうなぁって思います(ため息)。
反町監督は見かけによらず、頑固っぽい所がありますからねw

あと、思ったんですが流れを変えられる本職のドリブラーが必要でしたね。香川や本田圭はそれほど、純粋なドリブラーって感じはしませんし(少なくとも本田圭は)。梅崎や水野、家長(怪我でしたけど)がいればなぁって思ってしまいました。システムもサイドの選手を置きましたが、そもそも選手起用が間違っていたのではないかと思います。本田圭も右に置いたようですが、右から切り込んでのミドルを期待していたのかもしれませんがそんな場面も少なかったですしね。

この世代はニュースでも出てる通り、「谷底の世代」って言う言葉が残念ながらピッタリだと思います・・・。倫敦世代もタレント豊富とか言われてますが、結果的に何と言われるのか気になる所でもあります。シドニー世代は黄金世代と言われてて、見事な成績を収めましたし。それはトルシエのお陰でもあるんでしょうけどね(^^ヾ

結果論になってしまいますが、反町さんより城福さんやカナダU-20W杯の時の吉田靖さんにこのチームを率いてほしかった気もしますが、やはり日本人監督では限界なので、トルシエみたいに五輪とかフル代表を兼任してくれる監督が必要でしょうね。

次戦のオランダ戦ではどういう戦いをするか注目ものですね。意地でも勝ってほしいと思いますが、今のままではあり得ないかもしれないですね。

長々と失礼しましたm(_ _)m
2008-08-12 Tue 01:51 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。