HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
反町ジャパンを見ていてあれこれ思ったことをだらだらと書いてみる。
2008-08-27 Wed 01:03
ホントは協会の総評が出てから書きたいことなんですが
最終予選も始まっちゃうし、なんかそういうのは期待できなそうなので
書いてみます。

野球だって監督、コーチ、キャプテンによる記者会見やってるのにねぇ
(組織側の人が出てこないのはちょっと疑問ですが、まぁいいでしょうね)

えらく長いので、先に謝っておきますm(__)m

つづきはmoreをクリック



反町さんが五輪代表の監督になったとき
オシムジャパン(A代表)のコーチを兼任してました。
これは外国人監督(オシム)の元で指導者としてのノウハウを教えてもらい
指導者を育成する目的があるんだなぁと思って、賛成してました。
Jリーグができて、だんだんと外国のノウハウとかを吸収しているのかなと
思いますが、指導者に関しては、そのノウハウの吸収という点で
至らない(ジーコは日本人スタッフ拒否しましたしね。今にして思えば
ベンゲルが名古屋にいたときにもっと指導を請えばよかったですね)ので
そういう意図で指導者として若手の反町さんを抜擢したのは
いいことだと思ってました。
ただ、これは自分の勘違いだったことに後々気づくわけですが・・・

もう1つ始動時にメキシコ以来のメダルをって言ってた気がしますが
協会は五輪チームに対して責任者置きませんでしたね。
今にして思うと、普通の会社ならプロジェクトマネージャー(名称はなんでもいいです)
とかいって、責任者なり担当者を置くのが通常ですが
協会はそういうことをしませんでした。
結果として予選3戦全敗という目標に程遠い結果に終わっても
誰も責任をとらない形となりました(辞任が責任とるとはいいませんけど)
ドイツのときもそうだけど反省点が次に活かされないですね。

始動した当初、反町監督はFWを平山に拘りましたね。
北京五輪の本番まで2年も時間のあるとき、1人の選手に拘るよりも
多くの選手の可能性を模索して、チームの形を見出す時期だったのに
それをこの時期に出来なかったのはちょっと痛かったですね。
これが後々の本番で毎試合スタメンFWが変わるって事態に
つながってしまったんだと思います。

多くの選手が試された反町ジャパンですが、実際には2~3試合で
さよならしている選手が多い感じがします。
監督が自分(またはコーチの進言とかで)で選出したのではなく
世論に押されて選出してたような感じがします。
U20が活躍した後も何人か選ばれましたけど、その場限りでしたね。

試してみての結果ならしょうがないのですけど、なんか始めから
その場限りだったんじゃないかな?と思うようなことありました。
(ぢつは岡田監督にも同様のこと感じていますけど)
一応召集しておかないと、世論や関係者にあれこれ言われるから。。。みたいな
結局最終メンバーに残ったのは岡田監督がA代表で召集していた香川とか
でU20とかから反町さんが視察してみて選択したような選手は
特段見当たりませんでしたね。
また一部の雑誌ではイエスマンばかりが残ってるとも書かれてました。
(実際はどうだか分かりませんが、、、最後に造反されちゃいましたしねぇ)
このあたりどういうコンセプトで選んだのか真意を知りたいとこです。

ちょっと話が飛んだので、戻しておくと
予選のときの結果が芳しくなかったからか、反町監督はA代表のコーチを
解任され、五輪代表に専念することになりました。
このときに、「反町さんはオシムの指導を受けて」とか
「協会が指導者を育成する」といったつもりのないことに気づきました(汗)
当初は選手たちも「考えて走るサッカー」云々言ってたから
てっきりそういうもんだと思ってた自分が浅はかだったなぁと思ったものです。

んでもって不幸にもオシム監督が倒れてしまい、オシムのノウハウを
継承することは完全になくなってしまったわけです。
そうするとこの時点で監督代えるとかできなかったのかなぁと思います。
この時点でも監督のサッカーのコンセプトも見えないですし
日本人監督のいいところは、こういったチームの方向性とかを
協会側でこまめにチェックできるところなんですけど、そういうことしなかったですし
協会としても責任者がいないから、把握しようともしてなかったですね。
時期的に間に合わないという判断もあったのかもしれませんけど
アルゼンチンのバティスタ監督は1月に就任(07年はU20の監督でした)ですし
日本もまだ間に合ったような気がするんですよね。
(もっとも質の高いアルゼンチンだからこそなのかもしれませんが)
この辺りにも協会の本気度が伺えるものですね。

反町ジャパンは五輪出場を決めました。
これはこれで評価していいことだと思いますが、この時点でもメダルの目標は
活きてたわけなので、この状態でメダルが獲れるのか?ということを
もっとしっかり検証すればよかったです。
多くの識者やブロガーやネットにコメントを投稿している人々は
「このままだと不安」「メダルは無理」ってありましたね。
(自分もそう思ってましたけど(^^ヾ)

そういうことを協会が検証して、本番に活かそうと動いてなかったのは
メダルが目標ではなく、出場が目標だったからでしょうね。
きっとそうに違いないです(笑)

その後のチームつくりでは「予選メンバーの半分くらいが落選」とか
「OA問題」とかの報道であるとおりです。
特にOAについては、協会のバックアップがないことが露見しましたね。
情熱ある人が責任者にいればこのようなことにはならなかったかもしれません。

しかし反町監督にこの件で同情する気にはなれないです。
はっきりいって反町監督も悪いです。
チームのコンセプトがないせいか誰にするか全然絞れず・・・
Jリーグの中断期間が半分くらいすぎたころに各クラブに
30人くらいのリストが流れました。OAで召集するかもしれない選手リストみたいです。
「この時期にこんなリスト流されてもね~」
クラブ関係者がこんなこと言ってそうな光景が目に浮かびます。

他国はOAを早々に決めている。。。あるいは誰がいいか
活発な議論が展開されている状況でした。
チーム熟成にあたって大きく遅れをとってしまいました。

そして本番は3戦0勝の結果に・・・
結果よりも「懸命さ」とかが見えなかったのが残念でしたね。
特に勝とうと思う意識を感じませんでした。

セットプレイのシーンではキッカーは歩いているし
(そんなんだから、アメリカ戦のCK1本損しちゃうんですよ)
豊田が点とったときも、追いつこうというよりもまず喜んでましたからね。
点を決めた豊田だけではなく、周りの選手(たぶん岡崎がボールに近かったと思われ)も
喜んでしまい、ボールを取ってセンターサークルに持っていこうと動いてませんでした。
一瞬の後、ボールを取りにいきますが、ちょっと0-2で負けてるときの
対応ではないですよね~
なでしこの宮間選手はNZ戦でPKを決めたとき(同じく0-2で負けてる時でした)
一目散にボールのとこに走っていって、ボールをセンターサークルに運ぶよう
投げてましたね。
この姿勢が男子にも欲しかったです。

アメリカ戦だけなんだけど簡単に倒れてアピールしている感じも印象悪かったですね。
(世界的にアピールしちゃう傾向にあるんですけどね)
そんなんだからPA内で微妙な感じのときに、笛吹いてもらえないんですよ。
なでしこの中国戦の2点目みたいにアピールよりもゴールに向かう姿勢が
欲しいとこです。

選手起用も疑問が多かったですね。
梶山のDMF、谷口のトップ下とか、クラブでのポジションを無視した起用が
目立ちました。実際には1人くらいはそういう選手起用があっても仕方ないのですが
奇をてらったのでしょうか?
見ている人(特にその選手のファン)からすれば、わざわざ選手の持ち味を
消してるみたいで奇異にうつったことでしょう。
指示も3試合でブレまくりで軸がなかったですしね。

最後は造反劇まででちゃいますし、ホント不甲斐ないという言葉がぴったりでした。
でも協会も監督も誰も責任とることはないんですよね~
まだ総評も出てないけど最終予選が始まるから、このままうやむやなんでしょうね。
今後の指針に向けてもきちんとした対応をして欲しいとこなんですが
それもなさそう・・・

結局今回の五輪は

 1) 日本人監督はまだまだ早い(指導者の育成が必要)
 2) 協会はきちんと動いていない
 3) 五輪世代からA代表への期待はあまり持てない

こんなことが分かった結果だと思います。
日本の未来は明るくないですね(ため息)
今回は長々と失礼しました。
今度はもっと短くいきたいものですね。
スポンサーサイト
別窓 | スポーツ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<04プレイ日記エミルウッド周桑66年目 | サカつく徒然日記 | 北京五輪の感想でも>>
この記事のコメント
#423
おはようございます。

反町ジャパンの総括が新聞に載ってました。

「奇跡は起きない。力がなかった。ナイジェリアやオランダとの個の力の差は、いかんともし難いところがあった」

と載ってました。
(あとは福田団長の批判に対するコメントでした)

予想通りといえばその通りなんですけど
協会を中心に自分達がどれだけできたかについては
言及せず。。。誰も責任がない発言。。。
個の力の差で片付けては日本の未来は暗いですね。
倫敦も厳しいなぁと思います。


>タイトルと発売日は、DSで
>「サカつくDS タッチandダイレクト」で」、11月27日発売だそうです。

ついに新作情報でましたか~
ようやくですね。やきゅつくがDSだったので
やっぱりといった感じです。
DS持ってないから買わないといけないですね~
自分も十字キー使ってなんぼだと思うので
このタイトル見てるとちょっと微妙ですね。
特にサカつくはタッチペンの作業を必要とする
部分はほぼないと思いますから尚更です。
ムリにタッチペン操作を強調したつくりにして
サカつくらしさを失くさないで欲しいとは思います。

あとやきゅつくがそうみたいなんですが
DSという携帯機のせいか、大味な内容になってるみたいなので
(携帯機ゲームのサクサク感を強調してます)
その辺がどうなるか気になるとこです。
10年くらいやったらもういいやってゲームに
なってるかが心配あります。
(ムダに長々やらせるのも問題ですけど)

出るなら出るで心配事は尽きませんが
いいニュースなので、期待したいですね。
それでは^^
2008-08-28 Thu 07:03 | URL | HAL #-[ 内容変更] | top↑
#422
こんばんは。
長文お疲れさまです。

反町ジャパンに色々言いたい事はありますが、多くの選手を試しすぎて、熟成の時間が無かったのも残念に思いますね。予選とはガラッとメンバー変わっちゃってますし。平山を軸に据えたFWの選考でしたが、結果が出ないのに(一時期は結果出してましたが)、拘りすぎて多くのFWを試せなく、五輪本番にころころと一試合ごとに代えてましたね。
自分も同感です。1トップは誰でも出来るもんじゃないのに、反町監督は誰でも出来ると思ったのか、そこが疑問的ですね。2トップに何故しなかったんだろうかと思います。負けてからでは遅いですしね。

五輪も出場しただけで満足してしまうレベルにあっては困ってしまいますね。現状の日本の力を考えれば、メダルは難しいにしても決勝トーナメント進出ぐらいはしてほしかったもので。アジア最下位と言うのも情けないです。これで、ロンドン五輪の予選のシード権が無くなったんだとか言われてますね。
次こそはと思いますが、予想をいい意味で裏切る結果を残してほしいですね。まず外国人監督になってほしいと思いますね(^^ヾ

話変わりますが、サカつくの新作の情報が出たそうです。ネットで見ましたが、発売日まで出てるので、信憑性は少しはありそうな感じはしますね。タイトルと発売日は、DSで
「サカつくDS タッチandダイレクト」で」、11月27日発売だそうです。
以前に、DSでは避けたいと書いてましたが恐れていた事が起きましたね(汗)
サカつくは据え置き機でやってこそのものなのに、携帯機で出すという事は今後のサカつくの方向性とかが心配になります。個人的には据え置き機でやりたいので。携帯機でも便利なので構わないですけど(笑)

タイトルから見るにして、おそらくタッチゲームが主流みたいな感じですね。個人的にもタッチしまくるゲームというのは好きじゃないので、残念かなと・・・。十字キーの操作が好きなもので。まぁ、詳しい情報までは出ていないので、今後の情報を楽しみにしたいと思いますね。何だかんだいってサカつくは好きなので、多分買うと思います(笑)DSなのが心配ですけど(汗)

ではでは~^^
2008-08-28 Thu 00:44 | URL | sky #ZcIB9asw[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。