HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
HALの素人サッカーコラム その38
2008-08-30 Sat 12:06
今朝の新聞に協会の犬○さんが
「報告書を基に北京五輪の反省を行い、今後の改善点等について討議を行う」
みたいなことが書いてありました。
(きちんと読んでないから正確な文面は覚えてないですけど)

新聞によると今まで会長主導でこのようなことが行われたことは
ないそうです。北京の総評が「個の力の差」で片付けられては
未来が暗いだけなので、このようなことを行ってくれるのは
非常にいいことだと思います。
(個人的にこの人のこと微妙に思ってますけど、誰であろうと
 いいことはいいことなので評価したいです)
これが有意義なものになってくれることを願います。

つづきは同じく犬○さんが女子サッカーのことについて
言ったことについて書いてみます。
(ホントはこっちの方が本題なんですけどね)
つづきはmoreをクリック



この記事に載っていたのは、五輪の反省会と
犬○さんが女子サッカーのことについて鬼武チェアマンについて
話をしたことが書かれてました。
おおまかにいうと下の2つのこと

 1)Jクラブに女子チームを持つよう働きかける
 2)全国の中学に女子サッカーの部ができるよう働きかける

これも正確な文面は覚えてませんが、趣旨はこんな内容です。

1については、Jも手本にしているドイツの状況を見てだと思います。
(ドイツはほとんどのクラブが女子チームを持ってるそうです。
 なかには1クラブに2つの女子チームがあるとこもあります)

確かに1つの理想形でしょうね。
Jクラブが女子チームを持てば、女子のサッカーへの道が開けますし
実戦の場も増えることになりますから
例えば九州のチーム(大分、福岡、鳥栖、熊本、将来的には長崎もかな)が
それぞれ女子チームを持てば、その地域でサッカーを行う道が開けますし
地域リーグのようなリーグも組めますし、こういう部分が広がりを見せれば
現状の関東、関西の地域のみの状態から裾野が広がり、リーグになでしこジャパンの
強化という風に繋がるでしょうね。

ただ現実には、余裕のあるクラブならともかく
余裕のないクラブには厳しいでしょうね。
なでしこリーグも現状では主に関東、関西ですが、Jクラブが女子チームを持って
Jリーグのような形での運営となってきたら、移動の面等でも
各クラブへの負担が増えます。
特に地方のクラブでは、地域のスポンサーを確保するのも困難な状況で
協会側のバックアップもきちんとしなければ実現は困難でしょうね。
(あと現在のなでしこリーグの再編にも繋がってしまうので
 そこも協会の力次第なんだと思います)

そういう点では大分のマルハンの問題とか
地域のスポンサーに対して柔軟な対応をする必要があるでしょうね。


もう1つのことは、もろ手を挙げて賛成といいたいことです。
自分は実情を詳しくしってるわけではないけど、全国の中学(高校も)に
女子サッカーの部活っていくつあるのかな?って感じです。
自分の知ってる(といっても少ないですが)限りでは、どこにもなかったような気が・・・

小学校までは女子チームがなくても男子のチームに入ってとか
なんとかできることあるんでしょうけど
中学に入ったら、入るチームがないのでやめてくって女の子は
結構いそうな気がします(あくまで自分の想像ですけど)
この辺は女子の野球もそうなんでしょうけど、せっかくの逸材が
道がなくてやめていくってことが減るよね。。。ってことで
協会には是非力を入れて取り組んで欲しいです。

鉄は熱いうちにうてっていうし、五輪で盛り上がってる
今の気運にのっていかないと、次の機会はなかなか訪れないかもしれませんしね。
この件に関してはは応援しますので、協会には頑張って欲しいものです。

スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<04プレイ日記エミルウッド周桑 前半戦総括 | サカつく徒然日記 | 04プレイ日記エミルウッド周桑67年目その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。