HAL@エミルウッド
http://freedomzero.blog82.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
今更だけどバーレーン戦
2009-01-31 Sat 11:35
既に報道されてるので、ご存知でしょうが
バーレーン戦は0-1で敗戦しましたね。

TV中継されてないので、結果しか分かりませんが
新聞の原さんの解説見ていて、気になったことがあったので書いてみますね。

原さんの解説には、両SMFが内に絞っていたのが、良くなかった点の1つとして
あげています。両SMFはこの試合では本田と岡崎でした。
内に絞っていた分、SBがあがっても単調になって
バーレーンの14番がサイドのスペースに壁のようにいたとのこと
(中村憲がそうコメントしていました)で、日本の攻撃をとめられて
逆にSBがあがったスペースに蹴りこまれてカウンターになったとのことです。

確かに松井や俊輔とか出てるときは、サイドで基点になって、
サイドにボールが収まって、SBのあがりによる攻撃に厚みを持たせていました。
(相手DFが1人だけでは対応が難しい攻めの形になる)

んでもってバーレーン戦では、このような形ができてなかったとのこと
そこで思ったのが、

これって監督の戦術じゃなかったのね(゚-゚;)ヾ(-_-;)

本田も岡崎も監督からこういった指示を何1つ受けてなかったんでしょうね。
今までは俊輔や松井が、個人の判断でそうしてたということなのかな??
もし監督の戦術としてあるのなら、後半でなんらかの修正があっていいはずですしね。

あと中盤でプレスをかけて、高い位置でボールを奪う~云々が
岡田JAPANのコンセプトみたいなもんだと思ったけど、
その割には本田も岡崎も積極的にプレスにいってなかったみたいですね。
(プレスのために内に絞ってたのなら、まだ分かるんですけど・・・)

実際に試合見てないからなんともいえませんが、ただ選手集めて
4-5-1のシステムに当てはめただけって印象を受けます。
オシムのように戦術的な意図があって、それを浸透、完成させる過程で
負けたのならともかく、そういったものが何もないでの敗戦というのは
ちと不甲斐ないですね。


TV中継されていたら、もっとボロクソに書かれてると思うので
そういう意味では、TV中継なくてよかったんじゃないかと思いますね。

ただ優秀な個人を集めて、さぁやってこいで勝てるなら
監督は誰でもいいんだと思いますが、日本はまだそんなレベルじゃないでしょう。
監督も協会もビジョンなく興行としての代表となってる気がしますので
この辺で大きく見直しして欲しいもんだと思います。

まぁ現行の人員では期待薄ですけどね(残念)
スポンサーサイト

別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<HALの素人サッカーコラム その48 | サカつく徒然日記 | ブルーコンコルド>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| サカつく徒然日記 |
copyright © 2006 サカつく徒然日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。